特報

星野、1位挑戦者に微妙採点でWBA王座を受け渡す・・・ 1-2の判定負け
2001年4月16日

16日(月)パシフィコ横浜で行われた、王者、星野敬太郎VS挑戦者(1位)、チャナ・ポー・パオイン(タイ)のWBA世界ミニマム級タイトルマッチ。 終始ペースの握り合いとなったが、2ジャッジが挑戦者の手数を重視し、2-1(118-110星野、115-113チャナ、115-113チャナ) の判定でチャナが王座奪回に成功した。

1-1で迎えた、最後の採点で山口リングアナが「115-113 チャナ!」と読み上げた瞬間、場内は静まりかえってしまった・・・ 全般を通して、テクニシャン同士の対戦で、両者決め手がもう一つなかったが、それでも王者の負けは無い内容だったと思ったが・・・ (パシフィコ横浜 観衆3,200=満員)


※画像クリックすると拡大表示します

計量クリアー いよいよ明日ゴング!WBA世界ミニマム級タイトルマッチ(星野×チャナ) 
2001年4月15日

15日(日)16時より後楽園展示会場で計量が行われた。 王者・星野、挑戦者・チャナ、ともに47.6kgで計量を一発でパスした。

明日の試合開始ゴングは20時59分を予定 尚、この試合はテレビ東京をキーステーションにて全国ネットで20時54分から生中継される。

計量前に両選手のトランクスを見せ合った。お互いベースが白色だった為、テレビ的に分かり難いと思い、 挑戦者に変更を求めたが、それは受け入れられなかった。



王者・星野、「幸せの黄色いグローブ」でタイトル防衛誓う!2001年4月14日

14日(土)13時よりテレビ東京大会議室で調印式・グローブチェック・ルールミーティングが行われた。 グローブは黄色のウィニング製8オンスを使用する。日本で行われる世界戦で黄色のグローブが使用 されるのは1979年のWB世界Jフェザー級タイトルマッチ(カルドナ×瀬川)戦以来、約20年ぶり2度目。

レフェリーはシルベスト・アバインザ(フィリピン)
ジャッジはフォード(米)、ペレス(米)、柳完洙(韓国)

ルールミーティングでは王者陣営がタイオイルの使用禁止を求め、了解を得た。


※画像クリックすると拡大表示します

予備検診  両選手ともに異常なし2001年4月13日

13日(金)15時より駿河台日大病院で「WBA世界ミニマム級タイトルマッチ」の予備検診が行われ、 両選手ともに異常はなし。


公開練習  王者・星野、仕上がり順調を披露!2001年4月10日

10日(火)13時より花形ジムで王者・星野敬太郎の公開練習が行われた。スパーでは同門のホープ 木村章司相手に動き、まずまずの仕上がりを報道陣の前で披露した。


星野の初防衛戦決定! 4月16日(月)パシフィコ横浜で1位のチャナと2001年2月7日

2月7日(水)パシフィコ横浜内でWBA世界ミニマム級王者・星野敬太郎の初防衛戦記者発表が行われた。 相手は元WBA世界同級王者で現1位のチャナ・ポー・パオイン(タイ)。チャナは8年前、日本で大橋秀行からWBA世界 王座を奪った技巧派である。

全盛期の勢いは無いと予想されるが、それでも最近は元日本王者の横山啓介 に完勝しており、まだまだ世界のテクニックは健在である。 世界王者になって、周囲の環境がガラッと変わり、コンディション作り等、これまで以上に大変になる星野だが、 ここはしっかりとクリアーしてもらいたい。

尚、この試合はテレビ東京で生中継が予定されている。


日程 行事名 場所 時間
4月10日(火) 王者・星野敬太郎
公開練習
花形ジム 13時
4月11日(水) 挑戦者・チャナ選手
公開練習
帝拳ジム 13時
4月13日(金) 予備検診 駿河台日大病院 15時
4月14日(土) 調印式
ルールミーティング
テレビ東京8階
大会議室
13時
4月15日(日) 計量 後楽園ホール展示場 16時
4月16日(月) 試合 パシフィコ横浜 20時54分